2009/11<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>>2010/01
プロフィール

YOSHI

Author:YOSHI
お気に入りゲームは三回以上取り上げます。
プレイしてみた止まりは、気になった程度です。

バナー


カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ヨシ君のオンラインゲーム日記
ゲームを遊びながら模型を作ったりしているブログです
t i t l e : スポンサーサイト 
【--/--/-- -- --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

t i t l e : AVATARを見てきた! 
【2009/12/30 Wed 20:08】

avatar.jpg
年末話題の映画「AVATAR」を見てきた!
ジェームズ・キャメロンの14年ぶりの長編映画であり、もの凄くお久しぶりのSF作品だったんで迷い無く見たのだ
キャメロンは過去にもターミネーターやエイリアン2等ヒットしたSF作品を作り上げているからね~
今回のアバターには、過去のSF作品でも良く見かけたキャメロンならではの設定が満載なのだ!
まず、悪役は大企業!
夢に悩まされる!
ロボット大好き!
海兵隊大好き!
ゲリラ戦は男の戦いだ!
とま~こんな感じだべな~
夢はターミネーターもエイリアン2も良く出てきたからね~ターミネーターでは審判の日の悪夢。
エイリアン2では、リプリーが過去の悪夢に立ち向かうきっかけになり、最後のニュートの夢を見られる?の台詞
で終わる所等ね。
で、今回のアバターでは、それら全ての要素が入っているべな~
惑星パンドラに眠るアンオブタニューム鉱石を手に入れるために、その真上にある先住民「ナヴィー」の村を
平和的に退かせるために、先住民と人間の遺伝子を掛け合わせて作った遠隔操作する肉体「アバター」を使って
先住民と交渉をするために送り込む話なのだ。
主人公は、元海兵隊兵士で、アバターの訓練を受けていた双子の兄が突然死んでしまったために、代役で惑星パンドラに送り込まれる、主人公は戦争の負傷で両足で歩けない体になっており、アバターの自由に動く体に喜びを感じ
企業の命令どおり、ナヴィー達との接触を試みるが・・・・その中の一人の娘と恋に落ちるといったストーリーだべな
ま~良くある話だね。
このアバターは最後まで見ると、ひょっとしてインターネットの話なのか?と思う部分がいくつかあるのだ。
遠隔操作するアバターは専用カプセルに人間が入り、無線で意識を飛ばして操縦すると言う設定になっているのだ
マトリックスの無線版だね。
マトリックスは有線接続だったからね~・・・・・
いわばアバターはWI-FI通信の話のようにも見えるべな~
実際に、ナヴィー達は特殊な神経回路で自然全てと繋がると言う設定になっているし、神と崇める木は特殊なネットワークの中心として描かれているのだ。
ゲーマー目線から見れば、アバターの体を通してみた世界はネットワーク世界という風に感じるべな~
ま~主人公はリアルとは違う自由に動けるアバターの方が現実であるように感じ、リアルを捨てるしね。
後、この映画は3D映画なんで、出来る限り3Dシアターで見ることをお勧めするべな!
ま~映画としては十分楽しめる作品だべな。


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

t i t l e : 帰ってきたオイラのSFの歴史~アニメ編~ 
【2009/12/24 Thu 02:35】

ずいぶん前に少しやったオイラがこれまで見てきたSF作品の中で最も印象に残った作品の話を再開だ!
今回は、ガンダムの富野監督の作品のなかで殺しの富野と多くのファンから言われた名作
「伝説巨神イデオン」だべな!!
この作品をオイラが見たのは5才の時だった・・・いや~本当に衝撃的な作品で、しばらく頭から離れなかった思い出があるのだ。
ストーリーは
地球人類が外宇宙へ移民を開始して50年経過した遠い未来、地球人は2年前から移民を行っていたアンドロメダ星雲の植民星A-7・ソロ星で、外宇宙への移民開始から6度目の知的生命体の発見として「第6文明人」と呼ばれる遺跡である巨大人型メカ「イデオン」を発掘する。
一方その時、伝説の無限エネルギー「イデ」の探索のために、「ロゴ・ダウ」(=ソロ星)を訪れた(地球人類が「第7文明人」と呼ぶ事になるはずだったであろう)異星人バッフ・クランと、地球人の移民が接触。さらに、無思慮な行動で本隊より離れたバッフ・クランの貴人カララ・アジバを捜索に出た下級兵士の発砲と、両者の疑心暗鬼により武力衝突へと発展する。
主人公ユウキ・コスモらは戦いを終結するべく「戦意は無い」ことを示すために白旗を上げるが、バッフ・クラン社会でのそれは「お前らを地上から抹殺する」という逆の意味だったため、事態はさらに悪化することとなる。地球人たちはイデオンで応戦しつつ、同じく発掘された宇宙船ソロ・シップに乗り込み宇宙へ逃れる。だが、その遺跡にこそバッフ・クランの探し求める無限力「イデ」が秘められており、カララを乗せたソロ・シップの脱出により、事態は局地紛争から星間戦争へ進展してしまう。安息を求めソロ・シップは地球人側の移民星に逃げ込むが、バッフ・クランは執拗な追跡の手を休めない。道中に様々な人間模様が繰り広げられ、艦内に不和を抱えたまま宇宙を逃走し続けるが、次第にイデオンとソロ・シップに異変が起こり始める。

この作品、何が衝撃的かと言うと・・・敵味方関係なく最後は絶滅する話なのだ
しかも美人は顔をメチャメチャに潰されて死ぬし、次の瞬間にはもう死んでるみたいな描写が満載なのだ!
今の時代ならまず無理な表現で描かれているのだ
それでも戦って戦って最後まで戦って皆、自分が死ぬなんて考えないで戦い続けているのだ
飴と鞭で言うと最初から最後まで鞭な感じだべな~
そんな感じの戦いなんで、人々の中には精神がおかしくなっていく人とかもいるのだ
その描写もリアルに描かれているし、ここまで人間臭い作品はそうそう無いべな。
でも最初は、イデの意志で地球側の人間はバリアーで守られていたんだけど、その理由は二つの人類が互いに手を取り合って欲しいというイデの願いで守られていたんだけど・・・結局、憎しみが憎しみを産み・・最後はイデに見放されてしまうのだ・・・・
それでも、この作品は今の世代の人たちにも見て欲しい作品だべな~
暗く悲しい話だけど、何故か何度も見てしまう名作なのだ。


テーマ:色あせない名作 - ジャンル:映画

t i t l e : モンスターハンター日記 オンラインに接続! 
【2009/12/06 Sun 05:58】
今回はオンライン接続だ!
モンスターハンターは元々複数人で遊ぶことを前提にしたゲームなんで、協力プレイが面白いんだけど
ポータブルの場合近くに仲間が居ないと出来ない仕様なのだ・・・・
という事で、本来ならPS3のアドホックパーティー機能を使ってオンラインプレイが出来るんだけど
そのために、わざわざPS3を買うのは面倒なんで、x-link kaiを使うことにしたのだ!
このソフトは無料で、マルチプレイ対応ゲームを無理やりオンライン接続で遊べるようにするためのソフトで
初代XBOXの頃に知ったソフトなのだ!
当時はこれを使ってまだオンライン環境が無かったXBOXでヘイローのオンラインプレイを遊んだりしたもんだ
ま~当時から大分扱いやすくなってるから、今では誰でも使えるようになったし、スポンサーが付いて世界的に有名なソフトになっているみたいだべな~。
でもPSPを使うにはUSB無線LANユニットが必需となっているのだ
昔はやたらと設定が面倒なソフトだったけど、今は無線1個で良いのはお手軽になった。
ちなみに、普通の無線LANアダプターを繋いでも出来ないと考えた方が良い
対応している無線LANアダプターを別途購入する必要があるべな。
ま~モンハンのおかげで、何処の店でも手軽に買えるようになってるから、それらを用意したら
適当な設定をして、オンラインプレイが出来るようになるべな!
対応製品の中には、丁寧に繋げ方のマニュアルまで付いてるから安心だべな。

ちなみに、オイラはロジテック LAN-WN11/U2PSPを使用しています。
価格は1000~3000円程度なんでそんなに高い買い物ではないべな~PS3買うぐらいならこちらがお勧め
ま~PCが無ければPS3の方がお勧めではあるけどね~・・・・。
アマゾン等で買えるし家電量販店でも買えるから好きな所から買うといい感じだべな~
ま~そんな感じで遊んでみたんだけど、やっぱり一人でやるよりかは、クエストが楽になるべな~
でも、チャットしながらやるのはしんどいんで、スカイプとかでやると、楽かも
ま~好きなプレイスタイルで遊ぶのだ!。







テーマ:MHP2ndG - ジャンル:ゲーム

t i t l e : モンスターハンター日記 
【2009/12/03 Thu 02:55】

今回初めてモンスターハンターを遊んでみた!
ま~PSPを買った理由はモンハンをやりたかったからなのだ!
前々から噂とかで知ってはいたシリーズだったけど・・・・・中々やるチャンスが無かったんだよね~
PS2から離れてヘイローとかをやってた時期だったし・・・・
でもま~ポータブルなら何処でも出来るからという感じでやる事にしたのだ!

で、やった感想なんだけど
ゲームとしては面白いゲームだな~と思うけどストーリーは全く無いってのが意外だったな~
ま~元々オンラインゲームとして、作られてたからなんだろうけどね~
でもま~臭い芝居を見せられるよりかは良いと言えば良いんだけどね
ゲームの流れは、モンスターを狩る、素材を剥ぎ取る、武器や防具を作るって感じで進み
ほとんど、装備の力で強くなっていくと言うのはちょっと目新しかったな~
この手のゲームだと、ひたすらレベル上げを繰り返すだけのゲームと言うのが多いからね~
でも、装備の素材を見つけるのがある意味厳しい感じではあるけどね~・・・・
レベルではないけど、何か時間かかるって感じだべな~
でも、それは悪い印象ではなく、ちょっとした時間に少しずつ頑張るかな~と言う気にさせる感じだべな今の所はだけどね

たぶん、良い装備になったら、とんでもなく時間かけないと見つからない素材とかが出てきそうだべな
そして、モンスターとの戦闘
戦闘は、基本パターンを覚えて、上手に避けながらチマチマ攻撃を与えて倒すと言う流れでそんなに難しくは無い
初めて出会ったモンスターでも1度戦えばパターンは見えるんで、2回目ぐらいには倒せる感じだべな
でも、装備によってモンスターを倒すのに時間がかかるんで、装備は可能な限り良い物で挑むのがいい感じだべな
その他にも、罠や麻酔薬等、モンスターの動きを鈍らせるアイテムも豊富にあるんで、色々工夫すればもっと楽に倒せるようになるのが面白いべな~

そして、お供アイール!
オイラは猫好きなんで、お供のアイールは見てるだけで和む
でも、モンスターではなくアイールが考え無しに投げる爆弾で数回死んだ・・・
デカイ奴を狩る時にはアイールは連れて行かないほうが良いと判断して、素材集め意外では外しているのだ・・・
でも、可愛いからしょうがないな~ってなっちゃうけどね。

全体的には期待通りの面白いゲームだべな~プレイ時間も結構な物になりそうな気がするべな。

テーマ:MHP2ndG - ジャンル:ゲーム


ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

amazon

RSSフィード

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。