2010/07<< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>>2010/09
プロフィール

YOSHI

Author:YOSHI
お気に入りゲームは三回以上取り上げます。
プレイしてみた止まりは、気になった程度です。

バナー


カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ヨシ君のオンラインゲーム日記
ゲームを遊びながら模型を作ったりしているブログです
t i t l e : スポンサーサイト 
【--/--/-- -- --:--】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

t i t l e : テレビ待ち 
【2010/08/28 Sat 01:48】
to_32a1_R.jpg
東芝「REGZA 32A1」を衝動買いしてしまった!

ま~丁度、来年切り替わるし、テレビを買い換える時期だったってのもあるけど

店頭で気に入ったからと言うのが大きいべな~

選んだ理由の一つは豊富な入力端子の数!

HDMIx2にコンポジット&S端子x2にD5端子とゲームに必要な端子がほとんど装備されてたのだ!

ハイビジョンパネル仕様だからゲームを最高の解像度で映せるし、ゲーム専用のモードまで有るべな。

他のメーカーのも十分すぎるほど見たけど、やっぱり色味の感じがレグザは一つ違う感じがしたんで選んだのだ

その他3Dテレビも考えたんだけど、デカすぎて壊れた時とか部屋に入れる際に障害になるんでパスしたのだ

で、丁度良い大きさが32型ぐらいのサイズだったって感じだべな~

無駄にデカイと疲れるし捨てる時の処理代が結構くるってのもあるけどね・・・・。

ま~5万円ジャストと言う低価格だったってのも大きい・・・・ポケットマネーで買えたからね~
本来は7万8千円ぐらいみたいだけど、時期的に次の商品と入れ替わる頃合だったからってのがあるんだろうけど

でも、店頭在庫が無かったんで、お取り寄せと言う形になってしまい・・・・来月の第1土曜日に発送という事になってしまったんで、まだ手元には無いのだ・・・・料金は先払いで払ってあるんだけど、何か待ちぼうけだべな~・・・・。


スポンサーサイト

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

t i t l e : PS3に対する不満 
【2010/08/24 Tue 02:19】
プレイステーション3_R
PS3を購入してから半年以上経過したけど・・・・

正直、不満が山ほどあるのだ・・・

今回は、PS3は何なのか考えてみようと思う。

PS3はゲーム機だけど、最近はめっきりゲームが出てないよね~・・・

ま~出てないことは無いけど、PS3ならではと言うのがあまりにも少ないのだ・・

ソニーはPS・MOVEに期待しているみたいだけど・・・あれに期待はしない方が良い

位置的には、周辺機器でしかないし・・・周辺機器がハードを引っ張った前例は無いのだからね~

それよりも、深刻なソフト不足をどうするかが先だべな~

ソニー的には、ゲームアーカイブスを定期的に出してれば良いと思ってる節が有るけど、PS3専用ソフトももっと配信して欲しいべな~

ワイプアウトHD2とか出さないかな~と期待しているんだけど・・・

現在までで、オイラが興味を持って購入したPS3専用ソフトはダウンロードを除くとわずか2本・・・その内1本は即座に売り払ったけどね・・・・なんだっけ遊んだ記憶が綺麗に消え去ってるけど・・・・ま~いいや

でも、ヘビーレインはカナリお気に入りになったソフトだったな~今でも遊ぶときはあるし。

そんなPS3は、おいらの中では、最近・・最強のPS1再生機と言う位置を徐々に確立してきてるべな~

これほどPS1ライブラリーが充実したゲーム機はこれまで無かったからね~

メモリーカード要らないし・・・ダウンロードで何時でも買えるのはカナリ良いべな~

オマケに、ビデオを見るのも充実した機能が揃っているし、ビデオ機能に関しては不満は全くない。

PSPのデータ保管庫としても使えるしね~・・・

でも、やっぱりブルーレイの大容量を存分に生かした高画質ゲームを遊んでみたいとも思うわけで・・・

ソニーには大分頑張ってソフトを供給して欲しいわ本当に・・・。

ま~現時点でのオイラのPS3の見方は、最強のPS1再生機とPSP用データ保管庫って感じだべな・・・もしくはPSPの周辺機器。

せめて毎月20タイトルは発売されないとこの評価が覆る事は無いだろう・・・。





テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

t i t l e : レトロゲームを遊ぼう「トゥームレイダーをプレイ」 
【2010/08/21 Sat 02:36】
トゥームレイダー 年代記_R
今回から、トゥームレイダー1~5までをエンディング目指して頑張ってみようと思います。

とは言っても、文字だけの日記風に書いていくから動画は無しです。

ま~録画する機械は壊れて無くなったから~ってのもあるけど・・・編集するのが恐ろしく面倒なので・・・

そんな感じで、トゥームレイダースから始めたんだけど、直前まで3を遊んでいたせいか、操作が変わっている事に今更気がついたべな・・・

トゥームレイダーシリーズは、ナンバリングを重ねる毎に少しずつアクションが増えていったんで、微妙に操作方法も変わっていってたんだよね・・・・

それが、一番最初の操作方法に戻るんだから、そら~違和感も感じるってもんだべな~

そして、3を遊んだ後に感じた事は・・・・画面が見やすい!!と言う事だった。

トゥームレイダーは3から画面が異常に暗くなって難易度が上がったんだよね・・

画面の70%が黒で表示されることなんてザラにあるんで・・・わずかな色味を頼りに道を探すなんて事がしょっちゅう起こるんだけど、初代にはそれが無いのだ。

こんなに初代は明るかったのか~と本気で思ったわ~

しかも道も判りやすくて3の後だと凄く難易度が低く感じた。

そんな感じで、とりあえず恐竜が出てくるエリアまで進んだ所で、今日は終わったのだ。

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

t i t l e : レトロゲームを遊ぼう!「トゥームレイダーシリーズ」 
【2010/08/17 Tue 00:39】
トゥームレイダー 年代記_R
今回は!「トゥームレイダー1stシリーズ」

トゥームレイダーと言えば、日本では、アンジェリーナジョリー主演の映画の方が有名だけど・・・

本来はゲームが先にあったのだ!

怖い顔の女性が主人公のインディージョーンズゲームとオイラの周りでは呼んでいたけどね。

1作目が出た当時は、洋ゲーマニアであったオイラが興味本位で購入し・・・その後どっっぷりはまり込むほど遊んだタイトルになったのだ!!

現在もトゥームレイダー3をプレイしたりと思い出したように遊びたくなるほど印象に残るゲームだべな~

でも、昔・・・・ほとんどを売却していたので、最近再び買い集めなおしたのだ・・・今なら安いし

そして・・・1作目の説明書を読み返して、ある事に気が付いたのだ・・・・
ララクロフト 萌え風_R
ララクロフトを少し改造しようとした痕跡が!!

日本版では2作目までビクターの思い込みでレイラ・クロフトと訳されていたため、日本のファンはレイラと呼ぶ人が多いらしい。

でもま~・・・ビクターさんもやはりオリジナルのキャラでは売れないと思ってたんだろうな~

パッケージも後姿のみに抑えてるしね・・・・

でも、遊んで何度も何度も死んでるうちに、だんだん愛着がわいてきてクリアーする頃にはすっかり見慣れてたけどね・・・・

ちなみに、海外ではミス・ララクロフトコンテストなんかも開催されて、結構人気があったのだ!

グラビア写真みたいなものを・・・あのグラフィックで出してたりして・・・中々コアなファンが居たんだよね~

でもま~ゲームの方は、初代から1stシリーズ最終作の5まで同じゲームエンジンを少しづつ改良して使われていたんで、長い間pcのスペックを気にする事無くシリーズを楽しめたのも1stシリーズの特徴だべな。

家庭用では、ドリームキャストで発売された4がわりとPCに近い解像度でプレイできたぐらいで・・・PS版は最後までほとんどクオリティーは同じだった。

でも、現在の新作等では、ララクロフトも随分バージョンアップしてすっかり美人になった。
ララクロフトアニバーサリーバージョン_R
これならグラビアだしても問題なさそうなレベルだべな~

昔は・・・木彫りの人形丸出しな姿だったからね~・・・

ま~これからはトゥームレイダーを少しレギュラーでやろうかと思います。


テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

t i t l e : Auto-Tune the News 海外のMAD 
【2010/08/13 Fri 08:46】
今回は、本家ニュース番組に本気でインタビューされた海外のMADミュージシャン「The Gregory Brothers」を紹介!

しかも、最近TIME WEBでも取り上げられたりとカナリの人気を誇るチームだべな。

このミュージシャンチームの特徴は、音声加工ソフト「Auto-Tune」を使い普通に喋ってるだけの音声を無理やり歌わせ、自分たちも実際に歌い、そして音楽も実際に製作しなおかつ自然に感じるその完成度で一躍有名になっているようだ。

それと、時事ネタや社会風刺ネタが中心なのも評価されてるポイントなのかもしれない

どちらにせよ、これまでに中々無かったタイプの表現をするという事で、かなりインパクトはあるべな!

日本でも、ラジオの音声を繋げて加工しているMADは昔からあるけど、それとは次元が違う感じだべな。

では何作かご覧ください。

まずは、詳細はよくわからないけど・・・何か家に強盗に入られた家族がカメラに向かって犯人に訴えかけるインタビューを加工して作られた、作品だべな。(オンラインで活躍してるミュージシャンみたい?)


個人的にお気に入りの奴も紹介しておくべな。



その内、日本でもAuto-Tuneを使った作品が出てくるかも?



テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

t i t l e : DSIウェアレビュー(カメラ認識ゲーム) 
【2010/08/10 Tue 05:23】
カメラ認識4ゲーム_R

今回は!任天堂が密かにDSIで3DS用ソフトの実験を行っていると思われる作品を扱ってみるべな!

それは、カメラ認識ゲーム!

XBOXの「KINECT」と同じように人間の動きで操作するゲームだべな!

今回、紹介するのは4作品!

任天堂製からは、「立体かくしえアッタコレダ」と「顔グライダー」

元気製からは、「うごいてあそぶボクシング」

HI Games & Publishing製からは「カタムクション」

今回も、オイラの手持ちからのレビューだべな!

ま~カメラ認識物は自分で体験しないと判らない部分が多いからね。

まず、肝心のカメラ認識ランキング!
オイラの独断で決めたランキングでは以下の通りだべな

第1位 「カタムクション」

第2位 「顔グライダー」

第3位 「うごいてあそぶボクシング」

第4位 「立体かくしえアッタコレダ」

次に、遊んだ楽しさランキング!

第1位 「顔グライダー」

第2位 「カタムクション」

第3位 「立体かくしえアッタコレダ」

第4位 「うごいてあそぶボクシング」

ま~こんな感じかな~

では、ここから各ゲームの感想を書いていくべな!

まず、カタムクション
カタムクション_R
このゲームは、風景の動きを感知して、画面を動かすと言う仕組みを使ったカメラ認識ゲームだべな!

カメラ操作ゲームの中では、カメラ認識率は相当高い。

ゲームとして、しっかり面白いし遊んで楽しいアトラクションのようなゲーム幽霊探知機がカナリ楽しめる。

ただ・・何個かの同梱ソフトは、それほど面白い物がない・・・幽霊探知機の出来が良すぎたせいで、かすんでいるべな。
カタムクションゲーム3-2_R
ま~総合的には、気軽に楽しむのには最適な1本。

次に、顔グライダー
顔グライダー タイトル_R
任天堂はなぜか顔を標的にした作品が多いが、これはその中でも現時点では最も良く出来ている作品。

カメラに顔の状態を認識させ、顔自体の動きで操作すると言うゲームだべな!

ま~携帯ゲーム機で、ゲーム機側が常に見てるのは大体人間の顔だろうから~と言う考えで顔にこだわるのだろう

その考えは間違ってはいないのだろうとプレイしてると思うべな~

上手く認識すれば顔の方がお手軽に変化を追いやすいからね~

個人差を除けば・・・・・。

でも、このゲームは初めて顔認識系では実用的レベルまで到達しているゲームだべな!

なんと!誤動作が少ないのだ!!かなりストレス無く遊べるゲームなんだよ本当に!

プレイの仕方は、まず最初に自分の顔を指定されたフレームに合わせて撮影する。
顔グライダー プレイ準備_R
今回は都合上カメラになっているけど・・・本来は人間の顔を撮影します。

そして!!撮影した顔がキャラクターになるのだ!!

変な顔で撮影したら変な顔のまま固定されるから注意だべな!!

タイトル画面で目線を入れているのはプライバシーのためです!!

そう・・・タイトル画面でも飛んでいくよ!自分の顔をしたキャラクターが!!
顔グライダープレイ_R
そして、調整が終わったらプレイ開始!

下画面で常に自分の顔が表示され、顔の上にヘルメット型のガイドがくっ付き、どの様に認識されているのかが確認できるようになっているのだ!

ちなみに、このゲーム顔認識オンリーで操作するので、手を使う必要が一部のゲームモードを除いてほとんど無い。

顔を上下左右に動かして遊ぶようになっているのだ!

ま~本体の傾きで操作するプレイスタイルも用意されているからお好みから選べるのもポイントが高いべな。

そして、カナリ本格的にフライトシュミレーターしてるしゲームとしての完成度も高い。

そして、次は・・・「動いて遊ぶボクシング」
動いて遊ぶボクシング_R
動いて遊ぶボクシング プレイ_R
こちらのゲームは顔ではなく、人間の動きを追跡するタイプのカメラ認識を採用しているソフト。

だけど、常に認識しているわけではなく・・・・コーチが掛け声をかけている数秒間だけ認識する方式のようだ。

そのため、やらされている感が強く、最悪の場合ボクシングを遊んでいる気にならない・・・・

しいて言うなら・・・昔デパートの屋上に有った、旗上げゲームに近いゲームだ。

上上げて下下げてと同レベルな操作をカメラ認識で遊んでいるような感覚になる・・・

臨場感はそれなりにあるし、達成感もそれなりにはあるが・・・他のゲームと比べると、誤認識も多く・・・

右フックを出してるのに左になったり・・・左に避けてるのに右認識になったりと理不尽な部分があるべな・・・

まだまだ実験段階と言う感じだべな~ゲームとしては難易度はそれほど高く無いので、クリアはとりあえず出来るレベル。

そして・・・最後は「立体かくしえアッタコレダ」
PAP_0001_R.jpg
このゲーム・・・コンセプトは悪くない

ただ・・・認識が最悪なだけだ!!!

ま~そこが肝心なんだけどね!

このゲームがとりあえず、任天堂の顔認識の始まりになっているゲームだべな!

そのため、認識に関しては相当荒が多いのだ・・・・

まず、認識する場所を顔の肌の色に限定してしまったがために・・・誤認識をしまくるのだ!

木目の壁!そして、最後の砦であるはずの真っ白い壁でさえも、そこに写る影を人間の肌の色と認識する酷さ。

このゲームの正解は、顔を近づけまくって、そこで固定し・・・出来るだけ動かさない事!

もしくは、照明で背景の影を全て飛ばして、真っ白い空間の中で遊ぶ事だべな!!

そうそう!そんな空間が日本の家庭には多いよね!!答えはみんな判ってるそんな場所あるか!!
しいて言えば・・・トイレの中がその空間に最も近いかも・・・。

と言うわけで、コンセプトは良いけど操作法を顔認識から風景認識にしたほうが良いようなゲームだべな。

総合的に見ると、まだまだ実験段階と言うソフトが多いのだ・・・

だけど、いくつかのソフトはゲームとして成立するまでに至っているし、カメラ認識の可能性は高いとは思う。

後は、認識させる物が重要である事も判るべな~そして、携帯ゲーム機と言うのは意外とカメラ認識と相性が良いと言うのもこれらを遊んで判った事だべな。


テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

t i t l e : The Guildシーズン4いよいよ開始! 
【2010/08/06 Fri 19:49】


ネットドラマ「The Guild」のシーズン4がいよいよ配信開始!!

海外ではまもなく配信開始みたい。

翻訳に少しかかるから、日本では何時も通り遅れ気味だろうけどね・・・

オイラは、海外タグで見るかな~と考え中。

ギルドは発音が聞き取りやすいから、とくに字幕が無くてもそれなりに見れるのが良いべな~

そして、海外では結構人気が出たらしく、シーズン3の後に、コミカライズもされているのだ!
guild3_R.jpg
内容は、偶然知り合ったバンドマンのギターガイにコーデックスが少し恋をするような話みたいだべな。

色々、妄想展開するような感じらしい。

一緒に住んだらどうなるとか・・・生々しい妄想をするようだ。

その他にも、色々賞をもらったりしていたし・・・今が波に乗ってる時なんだろうな~

今回、公開された新PVも少し豪華になってるし予算をだいぶ使えるようになったのかな?

シーズン4の内容はまだ判らないけど、楽しみだべな。

シーズン3の内容を忘れた人、初めての人はこのダイジェストをどうぞ


テーマ:ゲーム系動画 - ジャンル:ゲーム

t i t l e : kinectの未来を考えてみる 
【2010/08/04 Wed 22:37】


マイクロソフトから今年の11月に海外で発売される新デバイス「kinect」を日本の住宅事情と照らし合わせて考えてみるべな。

「kinect」はプレイヤー自身がコントローラーとして認識される画期的なデバイスだが・・・
プレイヤー自身が・・・と言う所に、大きな問題がある。

リアルに空間が必要だからだ。
海外のE3のプレイムービーと、ウェブカメラによる全身が入る距離を大雑把にわりだしてみたが・・・およそ3メートル以上の距離が必要だった。

これは、「ダンスセントラル」等の全身を認識するタイプのプレイ可能な距離だべな。
上半身だけなら半分程度の距離でプレイできると思われるが・・・

はたして・・・・日本の住宅事情でプレイできる家がどれほどあるのだろう・・・?

しかも、E3の会場ではどれもバックに白いスクリーンを配置して誤認識をできるだけしないようにしていた。

これと同じ事を日本の住宅事情で考えると・・・・最低でも1軒屋に住んでいるか・・・アパートだと考えても荷物が可能な限り少ない環境とかじゃないと、プレイ不可能じゃないか?

もしかしたら、日本発売中止と言う可能性もあるべな・・・・

実際、日本の公式ページで「KINECT」のページが無い事から、日本のチームはこのデバイスに消極的なのでは?と思ってしまうべな・・・。

海外の公式では、専用のページまであるのに・・・。

それと、タイトルラインナップが予想通りというか・・・あまり魅力的では無いべな・・・。

ダンス系のゲームは遊んでみたいとは思ったけど・・・・それ以外は、WIIのパーティーゲームのような物ばかりだし・・・あまり楽しめない気がする・・。

でも、意外と触ってみたら距離調節機能とかあるかもしれないし・・・オイラの考えすぎぐらいで終わればいいのだが。

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

t i t l e : レトロゲームを遊ぼう!「ダンスダンスレボリューション」 
【2010/08/01 Sun 05:13】
DDRコントローラー_R
ダンスダンスレボリューション(DDR)と言えばこれ!

専用マットコントローラー(別名、地団駄ふみふみマット)

実際に体を動かして遊ぶ事で、微妙に健康になるらしいゲームだべな!

でも、これもとりあえずレトロゲームの域に入って来たんで、遊んでみるべな~
DDRプレイ_R
乗ってみるとこんな感じだべな~

流れてくる音に合わせて、矢印を押すと言うお馴染みのゲームルール

でも、正直・・・・昔のようには流石にプレイ出来なかった・・・・

このゲーム・・・本当にしんどい!!

2曲も遊ぶと、シャツが汗でビショビショになるのだ!!!

しかも、この手のゲームはブランクが空けば空くほど腕がメキメキ下がっていく物なので・・・全然だった。

でも、久しぶりに遊ぶとやっぱり面白いとは思う物で、現在再び一から練習しなおしているべな~

このマットも、投売りされてたんで買ってきたけど、固定するマジックテープが無かったからホームセンターで買ってきたけど

やっぱり、固定するのとしないとでは、プレイのしやすさが大分変わる。

ま~・・最近出てる新型マットなら最初からクッションも内蔵されているらしいし、新しい方が良いかも知れないけどね。

でも、難易度は、まだまだビギナーを抜け切れてないから、頑張ってみようかな。

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム


ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

amazon

RSSフィード

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。